こんな医師や先生には要注意!



川井太郎院長による腰痛改善「骨盤ゆらゆら体操」は、このような症状、病名の方に効果があります。

症状としては、
・腰痛
・股関節痛
・足のしびれ

病名としては、
・脊柱管狭窄症
・腰椎ヘルニア
・坐骨神経痛
・腰椎すべり症
・仙腸関節機能障害
・梨状筋症候群
・筋・筋膜性腰痛
・ギックリ腰

あなたの腰痛の原因となる病名が上記にあるならば、この「骨盤ゆらゆら体操」は、あなたの現在の痛みにたいしておすすめ出来ます。(実際、私には整形外科での治療、マッサージより効いています)

今あなたが通っている、整形外科、整骨院で症状は改善していますか?

もし、あなたが現在通われている整形外科、整骨院、接骨院で症状に改善が見られず、あまり良くもなっていないようならば…


ちょっと含みのある言い方をしてしまいまして申し訳ございません。


と申しますのも、川井院長によると、上にあげた病名のうち、2つの病名を診断結果としてあげる医師は、本当はあなたの腰痛の原因をわかっていないかもしれない、というちょっと怖いお話をしているからです。

気になりますか? その病名…


「骨盤ゆらゆら体操」DVDのDisk1でお話されているのですが…


ちょっとだけそのお話をしてしまいましょう。


その病名とは

「ギックリ腰」

「坐骨神経痛」

です。

お医者さんや先生が、単に「ギックリ腰ですね」とか「坐骨神経痛です」と言う場合は要注意です。

あなたのその痛みの本当の原因をつかんでいない可能性が高いです。

なぜならば

「ギックリ腰」は、どこが原因で腰痛になったのかを説明する病名ではなくて、単に症状について述べているに過ぎないからです。

「坐骨神経痛」について述べれば、坐骨神経は神経ですので体の中で点で存在するのではなく、線状に組織間を入り組んではしっています。その線状の坐骨神経のどこの部分が何に圧迫されて腰痛になっているのかの説明なく、ひとくくりに坐骨神経痛と言っているのでは説得力がありません。痛みの起こる神経の場所も、原因となる圧迫源も複数個所存在するからです。

この辺りについては、「骨盤ゆらゆら体操」Disk1にて他の病名についても丁寧に解説をされているので、非常に参考になると思います。

体操だけではなく、頭の中でも自分の腰痛の真の原因について、およびなぜそれが骨盤ゆらゆら体操で良くなっていくのかが理解できれば、おのずと体操の方にも身が入り、回復の速度も上がっていくのではないでしょうか

ちょっぴり病院の医師や接骨院、整骨院の先生に不信感を持ってしまったあなたにおすすめいたします♪

◆公式サイトはこちら↓↓↓からどうぞ◆